鉛筆で子猫を描こう! 初心者の方へ子猫のイラストの簡単な描き方を丁寧に解説!


鉛筆で可愛らしい子猫のイラストを簡単に描こう!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

皆さんはペットを飼っていますか?

僕が近所で最近よく見かける犬は
ゴールデンレトリバーですね。

おとなしくて従順な賢い犬種という
評判どおり、とても静かに飼い主さんに
寄り添って散歩しています。

あと秋田犬も見かけることがあります、
可愛いですよね~。

ただ、猫に関しては見かける機会が
意外に少ないんです。

部屋で飼ってるお宅が多いのでしょう
けれど、気のせいか野良猫もあまり

見かけなくなりました・・・

とはいえ、友人たちが飼っているペット
で多いのは猫なのですが、たまに

子猫が生まれたよ~と送信された画像
を見るとその可愛さに微笑んでいます。

そこで今回はお題を子猫にしました。
(初級編)

初心者の方が子猫のイラストを
楽しく簡単に完成できるよう
とても簡単な手順で描いていきましょう!

小さなお子さんのいるご家庭でしたら、
ぜひ
お子さんと一緒に楽しく
描いていただけたら嬉しいです!

(参考として応用したアレンジ例も
末尾にご紹介しています)

完成した作品はお部屋に飾ったり、絵手紙
として親しい方へ送るのも楽しいですよ。

 

 

準備するもの
  ケント紙(B5またはA4サイズ)
  ・鉛筆(HBくらい)
シャープペンシル

  ・フィキサチーフ(定着剤)お持ちの方
  ・綿棒
  ・消しゴム

 

画像のスプレーは定着剤(フィキサチーフ)
で、あると保存時に便利です。

☆フィキサチーフの説明は こちら

それでは
準備はできた方から気軽に始めましょう!

 

 

 

― お題 ―「子 猫」
(アメリカンショートヘア)

 

 

1 下書き  

まずは猫の輪郭線を描きましょう。
最初に何本か線を引きながら
(デッサン)
形を調整した段階で余分な線を消して
画像のような単線を残します(ラフ画)

 

 

 

2 目元の描写

で描いた目元と鼻の輪郭をさらに
濃くなぞり、
瞳は光沢を
塗り残して着色します。

このような感じになりました。

 

 

 

3 鼻と口元 

鼻の輪郭と口の輪郭線を描きます。

このような感じになりました。

 

 

4 毛並みの表現 

画像のように全体のおおまかな
毛並みを描いていきましょう。

途中経過・・輪郭部分はこんな感じに

このように全体のおおまかな
毛並みが表現できました。

 

 

 

5 仕上げ 

毛穴をランダムに描き入れます。

ヒゲを数本ずつ描いて仕上げます。

 

以上で
子猫の簡単イラストが完成しました!

 

いかがでしたでしょうか、
とても簡単に子猫のイラストが
完成したかと思います。

そのままでも十分作品なのですが、
少しアレンジしても楽しいかな、
と思います。

 

アレンジしたい方はこちらへ↓↓↓

 

アレンジ1
・・・簡易的な着色(綿棒を使用)

アレンジ2
・・・デッサン風に写実的に仕上げる

 

 

【 アレンジ1 】

綿棒1本ご用意していただいて
毛並みをなでることで

簡易的な着色をすることが可能です!

綿棒で毛並みの部分をなでていくと、
このような ぼかし技法

柔らかい雰囲気の作品になります。

なでるだけでは色があまり付かないよ
~という方には、

以下の記事でも解説している
描写テクニックで
柔らかい着色を
することができます。

ぜひご覧いただいてご活用ください。

☆ ぼかしのテクニックの解説は こちら

 

【 アレンジ2 】 

で完成したイラストを元に
(または新たに描いて)

毛並みを柔らかく描写していきます。

いわゆる学校の美術の授業などで
スっスっと線を
描いていくデッサン
のように毛並みを描写することで

写実的な仕上がりになっていきます⇩

全体はこんな感じになります。

※ 画像のヒゲは背景を着色したあとに
ペン型消しゴムで描写したものです。

通常のように鉛筆で線を引いて
ヒゲを表現してもOKです。

ただ、今回はそこまでリアルに描く
というよりは可愛い猫の雰囲気が
出ていればイラストとして完成かな、
と思います。

 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら