色鉛筆でぶどうを描こう!ぶどうの描き方を初心者の方へ丁寧に解説!

美味しそうなぶどうを描いてみよう!  ぶどうの描き方を解説(初級編)


 

詳しくはこちらをクリック!こちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

皆さんの好きなフルーツはなんですか?

イチゴにメロン、オレンジにバナナ・・
たくさんあって選べませんよね(笑

メールでいただくお題の提案で多いのが
イチゴとブドウ、そしてリンゴなどなど。
その中から今回はぶどうをテーマに
描き方講座を配信したいと思います

ぶどうは一房に30~40粒ほどの実が
なっています。(品種にもよりますが)

そのためイラストを描こうとする時に

「一体どこから描いたらいいんだろう?」

といった声が多く聞かれる
果物の題材のひとつですね。

たしかにどこから描いたら・・・と
悩む方も多いビジュアルです(汗

そこで今回は初心者の方も写実的に
ぶどうのイラストを描けるように
丁寧に解説していきたいと思います。

 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら

 

 

     お願い ―   ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

【 準備するもの 】

画像にあるケント紙(B5~A4)と
色鉛筆(メーカーは自由です)、

下書き用の鉛筆、消しゴム、
そして定着剤(フィキサチーフ)も

あると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー
用紙などを手の下に敷いて描きます

 

それでは準備のできた方から
始めてみましょう!

 

 

1 下書き 

画像のようにぶどうの全体像を描きます。

ゆっくりでかまいませんので丁寧に
描いていきましょう!

粒の丸みを複数描くのは難しいですが、
完全な球体ではないので
あまり
気にしないで大丈夫ですよ。

(アクセントとして房の下に葉も描きます)

 

 

2 着色①

上側の果実に水色( PC-904)を塗ります。
画像のように、
光の反射部分は塗りません。

※ 解説中の番号はカリスマカラーを使用する
際のものですが、お持ちの色鉛筆の
似た配色でかまいません

 

 

3 着色②

下側には少し濃い水色を画像のように
塗ります。(PC-903)

 

 

4 着色③

先端の8粒ほどに
薄い紫色を重ね塗ります(PC-1008)

コツとしては弧(こ)を描くように
塗る
とムラがなくできます

 

・・・このような感じになります。

 

 

5 着色④

その他の果実に濃紺色を塗ります。
(PC-901)

同様に弧を描くように陰側を塗ります。

 

・・・このような感じになります。

 

 

6 着色⑤

果実のほぼ全体に画像のような模様
(皮の柄)を描き入れましょう。

濃紺色を強めに塗る感じです。
(PC-901)

 

 

7 葉の着色①

葉に黄緑色を塗ります(PC-989)

 

 

8 葉の着色②

濃い目の緑色で葉脈(ようみゃく)を
描き入れます。(PC-1005)

濃淡をつけて丁寧に塗りましょう。
(画像参照)

 

 

9 陰影(仕上げ)

ブドウの影を描きます。

葉の部分の影は濃い緑色(PC-908)、
下地の影は黒色(PC-935)を
ムラに気を付けて塗りましょう。

(黒色は3Bの鉛筆でも代用できます)

 

 

10 果梗の着色

果の軸である果梗(かこう)を
黄緑色で塗り(PC-989)、

影を濃い緑色(PC-908)で強めに
着色して仕上げます。

 

・・このような感じになります。

 

以上で完成です!
全体はこのような感じになります  ⇩

完成した作品に定着剤(フィキサチーフ)
をかけて保存することをおススメします♪
☆フィキサチーフ 使用方法

※ 1で下書きした輪郭線が気になる方は
薄めに消しゴムで消しましょう

 

いかがでしたか?
美味しそうなブドウが描けたでしょうか?

 

 

このように、
段階的な手順で描いていくと
難しそうなブドウも
意外に
スムーズに仕上げていくことができます。

☆ 「ぶどうをリアルに描こう!」(中級編)

 

さらに、
フルーツの詳しい描き方を
習得してみたい
方へ
特別なお知らせです!

↓↓↓

  お知らせ