色鉛筆でぶどうをリアルに描こう!ぶどうの描き方をポイント解説!

(中級編)色鉛筆で果物をリアルに描こう!①‐ぶどう  ぶどうの描き方を解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

絵画が趣味の方でしたら今までに
果物を描かれたこともあると思います。

イラスト風や水彩画など、描写方法に
よっては作品の表情も変わります。

僕もいろいろなフルーツを描いたり
しますが、水彩と色鉛筆ではまた

違った仕上がりになり楽しいですね。

そこで今回は色鉛筆の特徴を活かした
リアルなフルーツ第1弾として
ぶどうを描いていきましょう。

 

 ⇩⇩⇩こちらは初級編です

初級編「色鉛筆でぶどうを描こう!」
では一般的な塗り方で仕上げましたが、
今回はさらに写実的なぶどうをお題
とした「中級編」を解説していきます。

 

 

・・中級編とは・・

初級編は下書きから着色、そして
完成までのフル解説ですが、

中級編では、
・・すでに完成したお題を、いくつかの
ポイントに分けながら
解説していく
スタイル
となります

 

これは、これまで趣味などで
経験のある皆さんについては

基礎的な手順を割愛させていただいて、
ポイントとなる箇所に
ついて絞った
解説スタイルを、となったためでした。

初級編に取り組んだあと、さらに
スキルアップしたい方もぜひ中級編に

参加していただいて画力の向上の
参考にしていただけたら幸いです!

 

     お願い ―   ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

【 準備するもの 】

画像にあるケント紙(B5~A4)と
色鉛筆(メーカーは自由です)、

下書き用の鉛筆、ペン型消しゴム、
そして定着剤(フィキサチーフ)も

あると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー
用紙などを手の下に敷いて描きます

 

それでは
準備のできた方から始めましょう!

 

 

【 解説の概要図 】

 

☆ それではA~Eの各ポイントについて
解説していきます!

 

 

 

 

A 粒の着色(質感・光沢)

まず着色ですが、光沢部分以外を
薄めの水色で全体を塗ります。

次に紺色で下側を濃く塗り、徐々に
上側に向かって薄めに塗る

感じでグラデーションを作っていきます。

最後に光沢周辺に紫色を重ね
グラデーションを表現して
仕上げましょう。

 

 

B 粒の上の水滴 

Aのあと、僕は水滴の部分だけ
ペン型消しゴムで消してから

水滴の表現をしていきましたが、
面倒でなければ水滴を想定した

部分を最初に塗らないでおく
こともひとつの方法です。

水滴の表現は難しいイメージが
ありますが、光源の方向を
意識して
陰影をつける意味では同じなんですね。

まず画像のように光源と反対の
下の部分に白色で反射を描きます。

そして水滴の表面の光源側に濃い目に
白の色鉛筆で点を塗ります。

最後に水滴の影を紺色(濃紺)で
強めに塗るだけで
立体的な
水滴が出来上がりました。

 

【 参考講座 ― 水滴の描き方 】

 

 

 

C 葉の上の水滴 

葉の上の水滴もB同様の手順となります。

水滴の影は深緑で表現しましょう。

 

 

D 果梗(かこう)の着色

果梗(かこう)は黄緑を下地に塗ります。
仕上げに深緑で陰影をつけましょう。
(画像のようにスジを一部に入れると
さらにリアルですね)

 

 

E 全体の陰影

画像のように、
ブドウ本体の影を入れましょう。

テーブルの下側は黒色または2~3Bの
鉛筆でムラなく塗ります。

葉の上のブドウの影は深緑
シルエットに気を付けて塗りましょう。

※ ぶどうの粒の表面の模様もいくつか
描き入れるとさらにリアルに仕上がります

 

ポイントでの解説はいかがでしたか?

みずみずしいブドウの表現にぜひ
参考にしていただけたら嬉しいです!

さらに、
フルーツの詳しい描き方の
解説を
習得されたい方へ
特別なお知らせです!
↓↓↓

 

 

よろしければ、
コメント&フォローお願い致します