色鉛筆でチューリップを描こう! チューリップの描き方を丁寧に解説!

色鉛筆で描くボタニカルアート ④ – チューリップ  可憐なチューリップの描き方を解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

前回のボタニカルアート講座(3回目)
では紫陽花の描き方を解説しました。

今回はさまざまな色彩で人気の
チューリップをお題にして
丁寧に解説していきたいと思います。

 

全国各地にチューリップ園がありますね。

可愛らしいデザインで子供たちにも
大人気のチューリップ。

園内には笑顔の子供たちとチューリップが
仲良く咲いているようですね。

そんな可憐なチューリップを
ボタニカルアートで描いてみましょう!

 

お花の好きな方やこれから植物画を描いて
みたい方など
参考にしていただけ
ましたら嬉しいです。

 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら

 

 

 

     お願い    ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

 

【 準備するもの 】

 

画像にあるケント紙(B5~A4)と
色鉛筆(メーカーは自由です)、

他に鉛筆、消しゴム、
そして定着剤(フィキサチーフ)も
あると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

☆ 今回使用した色鉛筆はプリズマカラー
(カリスマカラー)ですが、
お持ちの色鉛筆でかまいません。
似た配色で着色してくださいね!

※ 解説中のナンバー(例:921)は
プリズマカラーを使用する際のものです

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー用紙
などを手の下に敷いて描いてくださいね

 

それでは
準備のできた方から始めましょう!

 

 

1 下書き  

※クリックすると拡大します

2輪のチューリップを下書きします。

重ねて配置しましたので葉の描写に
気を付けてくださいね。

(手前が左側のチューリップ、
右側のチューリップは奥になります)

 

 

2 着色(左‐①)

左側のチューリップから着色していきます。
黄色(916)で反射の部分を着色しましょう。

 

このような感じになります。

 

 

3 着色(左‐②)

左側のチューリップの色である
オレンジ色(918)で
濃淡を
描写していきます。

 

このように濃淡が表現されました。

 

 

4 着色(左‐③)

で着色した境い目に薄めの
ピンク色
(929)を浅めに着色します。

 

このように淡く変化する
グラデーションを表現します。

 

 

5 着色(左‐④)

画像のように、赤色(924)で花弁の
縁(ふち)と陰影を強調しましょう。

 

 

6 着色(右‐①)

次に右側のチューリップの下地に薄めの
ピンク色
(929)で
全体を着色します。

 

このようになりました。

 

 

7 着色(右‐②)

濃い目のピンク色(994)で
花弁の縁(ふち)や陰影を表現します。

 

ところどころ反射する箇所を塗り残し
ながら着色しましょう。

(下の画像参照)

 

このように縁と陰影が表現されました。

 

 

8 着色(右‐③)

紫色(995)で陰影を強調して仕上げます。

 

 

9 着色(茎)

深緑色(911)で茎の輪郭と陰影を
描写します。

 

このように茎が表現されました。

 

 

10 着色(葉‐①)

同じ深緑色(911)で葉の描写をします。

 

上部2枚の葉がこのようになりました。

 

 

11 着色(葉‐②)

全体の葉を同じように着色して
いきましょう。

 

 

12 着色(仕上げ‐①)

群青色(901)で茎と葉の陰影を
必要な箇所だけ強調して仕上げます。

 

このように暗い部分の陰影が
強調されました。

 

 

13 着色(仕上げ‐②)

最後に、光の当たる部分に
黄緑色(989)を薄めに着色
して完成です。

 

 

以上でチューリップ完成しました!

 

 

いかがでしたか、
可憐なチューリップが表現できた
でしょうか?

背景がなく少し寂しい感じもしてきますが
ボタニカルアートの定義の
ひとつとして
「背景を描かない」ということがあります。

とはいえ絵手紙など個人で楽しむ場合には
背景はもちろん、他の花や人工物を

一緒に描写することは自由ですので、
皆さんの楽しめる方法で

ぜひボタニカルアートを楽しく
仕上げていってくださいね!

 

⁘⁘⁘⁘【 お知らせ 】⁘⁘⁘⁘