アニメ風の広葉樹の描き方を初心者の方に丁寧に解説!その2

アニメの背景画でよく見る広葉樹を描こう! その2  広葉樹の描き方を解説!

 


☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

今回はアニメ風の広葉樹の
パート2 の解説になります。

今回もポスターカラー
(または透明水彩絵の具)で描きますが、

前回とは違った方法で広葉樹を
描いていきましょう!


・前回の広葉樹の描き方は こちら

 

前回とは違った方法?? というのは、
描く手順になります。

通常は薄い色を重ねてから影を
入れていく感じなのですが、

今回はポスターカラーの不透明さを
利用した描き方
をしたいと思います。


具体的には、明るい部分、明るさが
中間の部分、暗い影の部分という感じに

あらかじめ塗る範囲を分けて、
効率よく塗る方法です。

ぬり絵のような感じでしょうか。

 

こうした描き方のメリットとしては、
塗る範囲がわかるのでイメージしやすい

のと、重ね塗りがないので絵の具の
発色が自然でくっきりとすることですね。

アニメにもよりますが、
くっきりとした背景として向いている
方法かな、と
個人的に思います。

もちろん、必要と思う箇所には
重ね塗りもできますし、こんな描き方も

あるのかぁ、という感じで
取り組んでみてくださいね。

※今回はポスターカラーでの練習ですが
透明水彩絵の具で描く方は

  画像を見ながら近い配色で
塗っていってくださいね

ニッカー社製のポスターカラーは
プロのアニメーターの方も使用する
品質の良い絵の具です。
発色がよく厚塗りもできるため、
アニメの背景画のような作品に
特に向いています!

☆今回使用したポスターカラーです

☆今回使用した水彩紙です

 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら

 

 

1 下書き 

画像が暗くてすみません・・汗
鉛筆で同じように描いてくださいね。

 

 

2 影を塗る

左上から日差しが当たる想定で、
画像の範囲に影を塗ります。

(ビリジアンとブラックとの混色)

 

 

3 暗い緑を塗る

画像の範囲にビリジアンを塗ります。
塗る箇所が少し離れたりして複雑
ですが丁寧に塗っていきましょう。

 

 

4 明るい緑を塗る

残りのスペースに濃い目に溶かした
黄緑色を塗ります。

さらに、2、3塗った箇所の
上から葉の一部を描きましょう!

(細筆でちょん、ちょん、
と乗せる感じです ―― 画像参照)

 

 

5 葉の仕上げ

濃い目に溶いた黄緑色を光の当たる部分に
塗り重ねて葉を仕上げましょう。

 

 

6 幹を塗る

画像のようにビリジアンで
幹を塗って仕上げましょう。

以上で完成です! お疲れ様でした。

 

いかがでしたか? 今回は少し
変わった方法で広葉樹を練習しました。

もちろん、前回の描き方と併せて
表現することもできますね。

   さらに山や木々の詳しい描き方を
習得したい方へ特別なお知らせです!
↓↓↓

 【 お知らせ 】