鉛筆で南部鉄瓶を描こう!岩手の工芸品、南部鉄瓶の描き方をポイント解説!

みちのくの伝統工芸品として有名な南部鉄瓶を描いてみよう! 鉛筆画の描き方をポイント解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 

 


 

 

こんにちは、たくみです!

今回は伝統的な工芸品である
南部鉄瓶(てつびん)を鉛筆で
表現してみましょう。

夏に岩手へ旅行されたことのある方は
ご存知かも知れませんが、
真夏の
岩手はかなりの暑さになります(汗

それでも新幹線など鉄道を利用して
夏に
水沢市へ訪れた方は
駅のホームへ降りた瞬間に涼しい
歓迎を受けることでしょう。

チリン、チリリ~ン、リ~~ン!♬

そうなんです、
ずらりと吊り下げられた南部風鈴
涼しげな音色
訪れる方々の
旅の疲れを一気に癒してくれるんです!

6月から8月までのサービスなのですが、
僕も何度かその光景に遭遇しました。

大人も子供もみんな笑顔で音色に
耳を傾けていましたよ~ ^^♪

本当に素敵なおもてなしですね

岩手でそうした鉄で作られた鋳物の
製品を南部鉄器と呼びますが、

さてその南部鉄器、実は盛岡や水沢が
主な発祥の地となっています。

水沢では平安時代後期に
あの奥州藤原氏の庇護の下、
鋳物の製造が盛んでした。

盛岡は江戸時代初期から盛岡藩(南部氏)
の庇護を受け鋳造が奨励されたのです。

現在では実用的な調理器具として
需要が高まり国内はおろか
海外からの評価も
高まる一方ですが、
その芸術的なデザインも
大変な人気になっているようです。

それでは今回は味わいある伝統工芸品、
南部鉄瓶の描き方を
解説したいと思います!

中級編としてポイント解説をして
いきたいと思いますので、
鉛筆で
静物を写実的に描きたいという方や
鉄瓶が好きな方などぜひ参考に
していただけたら嬉しいです。

 

 

・・中級編とは・・


初級編は下書きから着色、
そして完成までのフル解説ですが、

中級編では、
・・すでに完成したお題を、いくつかの
ポイントに分けながら
解説
していくスタイル
となります

 

鉛筆画が初心者の方も、
さらにスキルアップしたい方もぜひ

参加していただいて鉛筆画の参考に
していただけたら幸いです!

 

      お願い ―   ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

【 準備するもの 】

ケント紙(B5~A4)または画用紙と
鉛筆(メーカーは自由です)、

消しゴム、綿棒(ぼかしの表現に使用)、
他にコピー用紙2枚(またはチラシ)
カッター、そして定着剤(フィキサチーフ)
もあると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー
用紙などを手の下に敷いて描きます

 

それでは
準備のできた方から始めましょう!

 

 

【 解説の概要図 】

※ 雫石町の手づくり村に展示されている
巨大な南部鉄瓶を元に描きました
(実寸は高さ150cm、重量350kg、
容量380ℓというビッグサイズ!)

 

☆ それではA~Eの各ポイントに
ついて解説していきましょう!

 

 

 

A 弦(つる)の表現

ちなみに南部鉄瓶には表側と裏側があり、
表側が今回のような構図なんです。

注ぎ口が向かって右になるのが表で、
左になるのが裏。

絵柄の模様のある鉄瓶は表が華やかな
デザインですね。

< 弦 >
弦(つる)は大きな曲線なので難しい
部分ですが、ゆっくりと下書きしながら
輪郭を描いていきます。

金属の光沢は画像のように濃淡と
塗り残しで描写します。

次に打ち抜いてある模様を描き、
反対側の形状と陰も表現しましょう。

なお、弦の陰影以外の着色は下記の
講座で解説している描写方法でも

きれいに仕上げることができますので、
ぜひ参考にしてくださいね。


「鉛筆で背景や肌をきれいに着色!」は こちら

 

 

B 蓋(ふた)の表現

< ツマミ >
蓋(ふた)に付いているツマミは少し
複雑な形状ですが、
丁寧に下書きして
から陰影を表現しましょう。

< 蓋 >
特注の巨大鉄瓶なだけあって、
蓋の形状も凝っていて立派です。

凹凸のある形状ですが、立体感が出る
ように陰影を丁寧に着色します。

弦との接合部もがっしりした作りです。
画像を参考に描写しましょう。

 

 

C 注ぎ口の表現

< 注ぎ口 >
鉄瓶のシルエットを決める重要な部位
ですが、ゆっくりと
丁寧に曲線を描き、
Aの弦を着色したように陰影以外も綿棒で

なでるように着色していきましょう。

 

 

D 文様の表現

< 文様 >
南部鉄瓶の特徴でもあるアラレ文様
(模様)
ですが、画像のように
規則的に
円形を描き、下側へ影を描写します。

鉄瓶本体は円柱であり円錐でもあるため、
文様の大きさが上下左右で
微妙に異なっていきますので、
全体のバランスを見ながら表現
していきましょう。

 

 

E 底部の表現

底部は画像のように複雑な立体構造
になっています。

とはいえ、一番下になるアラレ文様が
中途半端にならないように注意して
縁を表現し、陰影を丁寧に
仕上げましょう。

 

以上で南部鉄瓶の鉛筆画の完成です!

 

 

いかがでしたでしょうか。
重厚感のある味わい深い鉄瓶に
仕上がったでしょうか?

最近は様々な形状、絵柄、色彩の
鉄瓶が発売されており、海外からも

需要が高く、若い年齢層にも
実用面はもちろんのこと、
お部屋のインテリア
としても
人気の伝統工芸品
となっています。

今後もこうした伝統的な工芸品、
美術工芸品などもお題にする機会が
あれば、と思います。

今回のポイント解説が皆さんに少しでも
参考になっていただけたら幸いです。

 

 【 お知らせ 】