必見! 鉛筆画で簡単にグラデーションを表現する方法を解説します!


鉛筆画で簡単に使用できるテクニックを解説します!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 


こんにちは、たくみです!

今回は
鉛筆画で使用したい便利な描写テクニック
をご紹介します。

便利な描写テクニック??どういうこと?
と思われた方もいらっしゃるかと

思いますが、例えばテーブルの上の
スイカを鉛筆で描くとします。


スイカが完成して、ふと・・・

(背景がちょっと寂しいなぁ、
夏の青空も描きたいけど鉛筆で
塗るのは大変・・)

と思ってあなたは描くのをやめて
しまうことになるかも。皆さんも
こうした経験があるかもしれません
・・もったいないですよね。

もちろん、背景は描かずにスイカ単体の
ままでも十分立派な作品になりますし、

メインのスイカがクローズアップされて
それはそれでいいと思いますよ~。

それでも、あとひと工夫でワンランク上
のイラストを完成できるんです!


鉛筆画はモノクロの世界ですが、
背景をイメージさせることで
さらにスイカのみずみずしさを
強調することができます。

例えば
夏に友人に絵手紙を送ろうとしますよね。
モノクロでも背景に入道雲を入れるだけで
夏のスイカという旬のイメージを
相手に伝えやすくなる大きな要素
になると思います。

 

では鉛筆で背景を塗ると言っても、ただ
漠然と時間をかけて広範囲を塗るのは
たしかに大変かも知れません。

絵葉書のサイズでしたらそうでも
ありませんが、いざA4サイズ以上の
作品の背景を鉛筆で、となると
僕も考えてしまうかも(汗

 

そこで今回ご紹介する描写方法が
ひとつの手助けになると思います。

作業はいたって簡単です!

パステルを使用したことがある方は
ご存じの方法だと思いますが、
顔料を粉末にしてティッシュや綿棒に
粉を付着させて画用紙やケント紙に
なじませる方法です。

実際にやってみるととても簡単で
楽しいと思いますよ。

 

 

【 準備するもの 】

 



でのケント紙は作品用(または練習用)
ですが、他に削った粉を溜める

 コピー用紙かチラシもご用意ください。

 

それでは始めましょう~!

 

 

1 鉛筆の芯を削る

画像のように
コピー用紙かチラシの上で芯を
カッターで軽くなでるように削ぎます。

(カッターの刃は芯に垂直にあてます)

 

1~2分削るとこのくらいの粉末に!
(画像は3Bの鉛筆使用)

(鉛筆をゆっくり回しながら削ると鉛筆
も尖ってきて一石二鳥?です・・笑)

 

ティッシュは持ちやすい大きさに
たたんでおきましょう

 

 

2 粉末を用紙になじませる

ティッシュに粉を少し付着させ、
ケント紙になじませましょう。

画像のように
グルグルと粉をなじませます

力加減で濃淡が変化しますので、
いろいろな加減で練習してください。

(薄くなったらまた粉を付着させて
繰り返します)

 

同様に、綿棒でもやってみましょう。

綿棒でなじませる場合、
最初のひと描き目に粉が集中して濃くなる

ので、綿棒の先端を多少つぶしてから
始めましょう。

 

ご覧のように、
それぞれ特徴がありますね。

広範囲を塗りつぶす場合はティッシュ
が向いていますし、
狭い範囲をなじませたい場合には綿棒
でなじませるのが効果的です。

何度も粉をなじませると濃くなります。
軽く使用すれば薄い背景も可能です。

作品に合う背景の濃淡は皆さんの好みで
自由に変化させられるんです。

 

HBと3Bでも違ってきます、
6Bだと最初から濃い目に
付着させることができます

 

 

 

【 実際の使用例 】


・ティッシュで背景描写 

下書き背景を塗る 人物を描く
という順序で仕上げに光の反射部分を

消しゴムで消していく感じになります。
(参考作品はグレース・ケリー)

 

・綿棒で肌を表現 

綿棒は
ピンポイントでなじませることが可能です。

すでに鉛筆で塗った部分をなじませる
こともできるので、
上の画像のような
筋肉の表現や肌の質感を濃淡で
表現しやすくなります。

(参考作品はシルベスター・スタローン)

 

【 参考作品 】

ご参考までに、こうした方法を活用し
描写した作品がこちらです。


背景はそれほど濃くしていませんが、
皮膚の質感の描写ではよく使用する
方法になります。

 

皆さんも鉛筆画を仕上げる際には
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまた
次回の講座でお会いしましょう!