☆初心者の方が揃えたい水彩画紙☆  ~これから絵を始めたい方へ

 イラスト講座で使用している画用紙のご紹介~ 水彩画用紙の解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 

 


 

 


こんにちは、たくみです!

僕がふだん使用している画紙(画用紙)や
イラスト用紙を解説したいと思います。

20年以上絵を描いてきましたが、
これまで使用してきた経験もふまえて

これから絵を始めたい方へおすすめしたい
水彩画用紙、イラスト用紙です。

また、絵の具や色鉛筆、筆や刷毛、
その他のおすすめ画材はこちらの

記事で解説していますので
併せてご覧ください。

そろえたい画材一覧 

 

 

【 画用紙一覧 】 

 

 

 【 画用紙類の紹介 】

 

1 クレスター紙

クレスターは国産(ホルベイン社製)
の水彩紙です。

画像はナチュラルホワイトの
F4サイズ(スケッチブック・中目)で

 少しベージュがかった
温かみのある紙色です。

 水彩の特色である「にじみ」「ぼかし」
「発色」ともよく、丈夫な紙質です。
どちらかというと、マスキングを
使用しない技法に向いていますね。

僕は主に春や秋の風景を描く時に
よく使用します。

 

2 ウォーターフォード紙

イギリスの高級ブランド水彩紙です。

画像はF4サイズ(ブロック・中目)で、
こちらも水彩の技法である

 「にじみ」「ぼかし」「重ね塗り」、
そして「マスキング」にも対応し、
丈夫で発色のよい紙質です。

一般の方はもちろん、プロの画家にも広く
愛用されている水彩紙ですね。

夏の青空や海などのグラデーション
を描く場合やマスキングを多用する時に
よく使用するバランスのよい水彩紙です。

 

3 ヴィフアール紙

国産の水彩紙(マルマン社製)で
画像はF4サイズ(ブロック・細目)です。

 こちらも水彩画の定番である「にじみ」
「重ね塗り」に対応し発色がよいです。


・・ただ、クレスター紙同様にマスキング
使用時には早めにはがさない
と紙も
一部はがれることもありますので、
丁寧にはがすかマスキング自体を

  控えるかは皆さんそれぞれにて
ご判断くださいね。

  紙質が細目なのでボタニカルアート
や細かい描写にも向いています。

 

4 KMKケント紙

製図にも対応するなど
良質なホワイト紙です。

  僕はペンシルアート(鉛筆・色鉛筆)
での制作でよく使用します。

  描き心地や発色もよく丈夫な用紙ですね。

 

5 TMKポスターパッド

画像がミューズの
ニューTMKポスターパッド紙です。

水彩やアクリル、鉛筆、
そしてポスターカラーとの相性がよく、
色の伸びや発色を引き出す
良質な画紙です。

 

 

< スケッチブック? ブロック? とは何? >

 

それぞれのサイズの後にスケッチブックや
ブロックと記しましたが、

これは用紙の綴じ方による違いになります。

スケッチブックとは文具店でよく見かける
種類で初心者におススメのタイプです。

ブロックとは20枚前後の用紙が四方を
糊付けされた状態のもので、水彩画で

よく使用される「水張り」という作業なしに
描きはじめることができるタイプ

(ただ、水分を多めに使用される方は
水張りは必要になります)

 

また、ボードタイプというものがあります。

これは用紙がすでにボードに貼られて
いる状態のもので、制作後に額装せずに
シンプルに飾ったり、梱包して贈り物
として郵送などもできますね。

例えは少し違いますが、
色紙のようなイメージ?かなと(笑


他に、水彩紙を購入する際に
気を付けたいことは「厚さ」ですね。

数字は1㎡あたりのグラム数になり、
数字が大きいほど厚くなります。
重ね塗りをして仕上げていきたい方は
厚めの用紙が丈夫でおススメです。


水張りをしていても用紙が薄いと
水分でゆがみやすくなったり、
重ね塗りで紙がボロボロ(?)に
なる恐れもあります。
ただし、
サラッと描くタイプの方はそれほど
厚さは気にしなくてもいいと思います。

簡単な説明になりましたが、
実際に皆さんが絵を描いていく中で
それぞれの用紙の特性がわかっていく
と思いますし、上記の用紙以外
にも
たくさんの画用紙がありますので、
楽しみながら自分の描写に
合う用紙を
見つけていってくださいね。

それでは
イラスト講座でお会いしましょう~!

 

【 無料講座 】
⇩クリックしてご覧ください
   
 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら