色鉛筆でカブト虫を描こう! リアルなカブト虫の描き方を丁寧に解説!

色鉛筆で昆虫をリアルに描こう!②‐カブト虫  人気のカブトムシの描き方を解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

子供の頃、夏休みに昆虫採集をした方
も多いと思います(特に男の子)

 

いろいろな昆虫がいますが中でも
カブト虫は一番人気がありました。

僕も友人と近くの山へ行っては木に登って
見つけたカブト虫を
虫かごに入れて
自慢したりしていました(笑)

そういえば図工の授業でもカブト虫や
クワガタを描いた記憶があります。

 

今回は懐かしい思い出に浸りながら(汗)
昆虫の王様
「カブトムシ」
お題にしたいと思います。

昆虫好きな方はもちろん、
カブト虫をリアルに描いてみたい方など

参考にしていただけましたら嬉しいです!

 

インスタへは色鉛筆画や水彩画、
鉛筆画も投稿しています。
よろしければこちらもご覧ください
インスタは こちら

 

 

 

     お願い    ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

― お題 ― 「カブト虫」 

 

 

【 準備するもの 】

 

画像にあるケント紙(B5~A4)と
色鉛筆(メーカーは自由です)、

他に鉛筆、消しゴム、
そして定着剤(フィキサチーフ)も
あると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

☆ 今回使用した色鉛筆はプリズマカラー
(カリスマカラー)ですが、

  お持ちの色鉛筆でかまいません。
似た配色で着色してくださいね!

※ 解説中のナンバー(例:921)は
プリズマカラーを使用する際のものです

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー用紙
などを手の下に敷いて描いてくださいね

 

それでは
準備のできた方から始めましょう!

 

 

1 下書き  

※画像をクリックすると拡大します

画像のように
カブト虫の輪郭を下書きします。

足の形状が少し複雑ですね。

 

 

2 着色(輪郭線)

で下書きした輪郭線を
こげ茶色(947)でなぞっていきます。

(体毛の部分は除く)

 

このように輪郭が強調できました。

 

 

3 着色(下地)

下地として甲羅と足の部分を
こげ茶色(947)で着色します。

光沢と体毛の部分は塗り残します
(下の画像参照)

 

全体はこのようになりました。

 

 

4 着色(体毛の下地)

黄色(942)で体毛を塗ります。

 

 

5 着色(体毛の陰影)

毛の流れを黄土色(941)で、
陰影をこげ茶色(947)で表現します。

 

このように毛並みが表現できました。

 

 

6 着色(陰影)

黒色で全体の陰影を仕上げます。

 

このように角や甲羅、足の陰影が
強調され立体的になりました。

 

 

7 着色(仕上げ)

のままでもいいのですが、それぞれの
光沢付近に濃い紫色(937)を

薄く重ねることで光沢に
深みが出てきます。

 

少し赤みががって
光沢がきれいになりました。

以上で
昆虫の王様 カブトムシ の完成です!

 

 

いかがでしたでしょうか、カッコいい
カブト虫が表現できたでしょうか?

カブトムシはクヌギやコナラの木が
好きなので、そうした木に
しがみついているカブト虫
を描くとよりリアルな感じになります。

夏休みの絵日記や図画の宿題などにも
今回の手順を参考に
写実的なカブト虫を
表現してみても楽しいですね。

僕も懐かしくカブト虫を
描くことができました。

 

【 お知らせ 】