色鉛筆でスイカをリアルに描こう!夏に人気のスイカの描き方をポイント解説!

(中級編)色鉛筆で果物をリアルに描こう!➆‐スイカ  スイカの描き方をポイント解説!


 

☆ 詳しくはこちら

 


 

 

こんにちは、たくみです!

夏になると食べたくなる果物はいくつか
ありますが、
食卓や縁側で食べるスイカ🍉
は夏のデザートの定番ですね!

暑中お見舞いや絵手紙にもよく描かれる
人気のスイカですが、
実際に描こうと
すると意外に難しいものです。

 

そこで今回はそんな夏のデザートの
スイカの描き方
ポイント解説でご紹介
したいと思います。

手描きの暑中見舞いや絵手紙の
挿し絵に描いてみたい方や
色鉛筆画を始めたい方など参考に
していただけましたら嬉しいです。

 

今回のお題は夏の定番 スイカ
描き方解説(中級編)となります!

 

 

・・中級編とは・・

初級編は下書きから着色、そして
完成までのフル解説ですが、
中級編では
・・すでに完成したお題を、いくつかの
ポイントに分けながら
解説していく
スタイル
となります

 

イラスト初心者の方もぜひ参加して
いただいて画力の向上の参考にして
いただけたら幸いです!

 

 

     お願い ―   ※ 掲載するすべてのイラストの無断使用・転載はご遠慮ください

 

 

 

【 準備するもの 】 


画像にあるケント紙(B5~A4)と
色鉛筆(メーカーは自由です)、

下書き用の鉛筆、ペン型消しゴム、
そして定着剤(フィキサチーフ)

あると保存に便利です。

☆ フィキサチーフ 使用方法

 

※ 作品の汚れ防止としてチラシやコピー
用紙などを手の下に敷いて描きます

 

それでは
準備のできた方から始めましょう!

 

 

【 解説の概要図 】  

 

 

☆ それではA~Eの各ポイントに
ついて解説していきましょう!

 

 

 

A 皮の表現  

夏の日差しを浴びて光る皮を
表現しています。

まず下地に黄緑色を塗ります。
(光沢部分は徐々に薄く塗り残す感じに)

次に緑色を右側の陰影に合わせながら
塗り、さらに暗い部分は
深緑色
濃い目に塗っていきます。

このグラデーションの範囲は完成画像を
参考に
濃淡を表現していってくださいね。

次に模様ですが、
光沢に近い範囲は濃紺で着色しました。

そして、陰影が濃くなる右側に向かって
黒色で着色して仕上げましょう。

 

 

B 水滴の表現  

Aで皮の表現が完成したあと、水滴を描写
する箇所(画像参照)を
ペン型消しゴムで
丸または楕円に消していきます。

消した跡に皮の色に合わせた色で水滴内部
を薄めに、
そして水滴の陰影部分を
濃い目に着色します。

この時、塗り残した部分を水滴の光沢
(反射)
としてもかまいませんし、
仕上げに
白の鉛筆で光沢を表現しても
かまいません。

 

 

C 果肉の表現  

画像のように左上からの太陽光が当たる
部分は薄めに、
右側面は濃い目に
赤色を着色します。
(種の部分は塗り残します)

光沢部分は複雑な形状となります、
下書きの段階で細かく塗り残す範囲を
決めて、果肉を塗る際に丁寧に白く
塗り残し、仕上げに白の色鉛筆
またはポスカやアクリルガッシュで
着色して光沢を表現します。
(塗り残すだけでもOKです)

細かい作業になりますが、光沢の
大切な表現になりますので丁寧に
じっくりと仕上げていきましょう。

 

 

D 種の表現  

Cで塗り残した部分に種を描写します。
こげ茶色で下地を塗り、紫色で薄めに
重ねると
種の色合いが表現できます。

光沢はの果肉同様の手順で
丁寧に仕上げましょう。

 

 

E 陰影の表現  

最後に、カットしたスイカの皮の部分と
陰影を仕上げます。

表面の皮はA同様に黄緑深緑色で表現し、
断面の部分は
画像のように外側から
深緑色(1mmほど)黄緑色(数mmほど)
を着色します。

スイカの影は日差しの方向に気を付け
ながら
黒色、または鉛筆(2Bなど)
で着色しましょう。

 

以上で夏の主役スイカ🍉が完成しました!

 

いかがでしたか、美味しそうな
スイカが完成したでしょうか?

絵手紙でもっとシンプルに描く場合
には
光沢や水滴は省略しても
かまわないと思います。

 

⁘⁘⁘⁘【 お知らせ 】⁘⁘⁘⁘